ワードプレスでサイトの注文フォームを作成するメリット

ワードプレスはホームページ作成において最適なコンテンツを簡単に作ることができる非常に便利なツールであることがよく知られています。作成をしながら実際の表示画面を確認することも可能なため、従来のように文章の改行位置が狂っていたり、画像の挿入位置が狂っていると言うことがなく、適切な表示を確認しながら作成をすることができるため、作成効率が非常に高まるツールとして多くの利用者に利用されています。また従来では非常に設定が難しいと言われている入力フォームについても簡単にイメージから作成することができるため、非常に便利なツールでもあります。

インターネット通販においてもっとも重要な事は、注文しやすい注文フォームを作ることです。古くは商品の名称や分類などを自ら入力しなければならないものが多かったのですが、これらの場合には面倒な入力作業が発生するため、顧客が途中で注文を諦めてしまうことも少なくありませんでした。これは大きなビジネスチャンスの喪失につながり、かつサイトのイメージを低下させる要因にもなるため、多くのインターネット通販を行う会社や個人がその改善を試みてきました。しかし、いまだにサイトによっては注文の際に毎回自らの住所やその他の連絡先を改めて入力するといったことを行わなければならず、面倒な印象を与えてしまうことも少なくなかったのです。

ワードプレスを利用するメリットの1つに、注文フォームを選択形にできると言うものがあります。最近のサイトでは多く利用されていますが、ユーザ登録の際にこれらの情報をはじめに入力することで、その後注文にあたってはこれらの入力情報の中からその時々に最適なものを選び、入力を簡略化させるものです。またその他にも郵便番号から住所を自動的に入力したり、商品名を自動的に入力したりといった様々な工夫が食べているものが多くなっています。これらの機能は一般的に複雑なCGIなどを利用してコンテンツを作成する必要がありますが、ワードプレスでは簡単にこれらのコンテンツを作成することができ、ユーザに対する注文の際の負荷の軽減につながるメリットがあります。またこれらの注文フォームをランディングページとリスティング広告に連動させることも可能で、この機能を用いることにより、ランディングページやリスティング広告で選んだ商品の名称やサイズを自動的に注文フォームに入力するため、誤りがない上に確実に迅速に注文を受けることができるという効果もあります。