ワードプレスで売る方法はその他とは違います

オンライン上で商品やサービスをお客さんに紹介するためには、ホームページやブログが必要です。しかし、ホームページを作成するためには、プログラミングやデザインの知識が必要になります。また、ブログに関しては、多くの企業が無料ブログを提供していますが、商用利用が禁止されていることがほとんどで、ブログ上でのビジネス活動は難しいのが現状です。ワードプレスなら、ブログとホームページの役割を、1つのサイトに持たせることができます。固定ページに自社が提供する商品やサービスを掲載し、ブログ記事を更新していくことで、多くの人に情報や商品を提供することが可能です。定期的に有益な情報を、ブログ記事として更新していくことで、お客さんからの信頼度が上昇します。お客さんは、信頼している相手から買うので、ブログ記事の更新により、商品が売れる可能性は高くなります。しかし、ワードプレスでビジネスをするためには、セールスコピーが必要です。

ワードプレスでは、まず、固定ページで商品を紹介するためのセールスコピーが必要です。しかし、ワードプレスと通常のホームページの大きな違いは、ワードプレスはブログ形式だという点です。ブログ記事の更新がまったくないと、お客さんは離れてしまい、売上は大きく減少します。また、ブログ記事も、日々の日記のようなものではなく、商品の魅力をお客さんに伝えるものを、書く必要があります。ブログ記事では、ランディングページとは違い、さりげなく商品の魅力を伝える必要があります。ブログ記事では、お客さんは有益な情報を求めているので、あまりにも商売っ気が強い文章だと、引かれてしまいます。また、固定ページでセールスをする際にも、外部サイトに誘導すると、ページを閉じられてしまう可能性があります。

ワードプレスは非常に便利であり、ビジネス目的での利用にも向いています。しかし、ホームページとは違い、あくまでブログ形式なので、激しすぎる売り込みをかけると、お客さんに逃げられてしまいます。また、ブログ記事に関しても、各記事が適切に、セールスに誘導する形になっていることが重要です。ワードプレスでは、ランディングページを書き、公開することも可能です。しかし、お客さんはブログには、売込みではなく情報を目当てに訪れます。そこを忘れてしまうと、どんなに良いセールスコピーを書いたとしても、商品やサービスをワードプレスで売ることはできません。