ワードプレスはツイッターで拡散させることができます

企業や個人事業主がオンラインで活動するために、ホームページやブログを保有することは、非常に大切です。しかし、インターネット上には無数のページがあるので、ただコンテンツを作成し、オンライン上で公開したとしても、クリック数は伸びません。また、ホームページを設置し、運営していくためには、プログラミングの知識が必要になります。ブログに関しては、設置は非常に簡単ですが、商業利用が禁止されていることがあるので、ビジネス目的では使えないことが多いです。ワードプレスなら、プログラミングの知識なしに、設置や調整が可能です。また、無料ブログとは違い、ビジネス目的での使用もできるので、商品やサービスの販売もできます。しかし、ワードプレスに関しても、設置して更新しているだけでは、閲覧者を増やすことは困難です。

ワードプレスは、ソーシャルメディアとの連携が可能です。ソーシャルメディアと連携をすると、ワードプレスの記事を更新したときに、ソーシャルメディア上で表示されます。連携できるソーシャルメディアとしては、フェイスブックがよく使われています。しかし、フェイスブックをビジネス利用するためには、広告費を支払う必要があります。ツイッターなら、広告費を支払うことなしに、サイトをユーザーに広めることができます。また、ワードプレスには、ランディングページを作ることもできます。ランキングページも、ツイッターで拡散させることが可能です。しかし、ツイッターを有効活用するためには、あらかじめフォロワーを数多く獲得しておく必要があります。ツイッターのフォロワーを増やすためには、数多くの手段があります。しかし、一番重要なことは、普段からユーザーにとって有益な情報を、配信しておくことです。

ワードプレスを、ツイッターなどのソーシャルメディアで拡散させる場合、商品とランディングページとの整合性が必要です。ソーシャルメディアで投稿を見る人は、商品を販売している企業のことを、知らないことがほとんどです。ランディングページと会社が販売している商品やサービスが、あまりにも整合性がないばあい、お客さんは違和感を覚えてしまいます。ランディングページが作りこんであるのに、あまりにも低価な商品を売っている場合、売れ行きは伸びにくいです。逆に、商品は効果で、ランディングページの文章量が少ない場合も、売れ行きを伸ばすことは難しいです。ランディングページと製品のミスマッチは、できる限りなくすことが必要です。