ネットカジノで負けないための終わりのタイミング

ネットカジノでよくあるのが、一時的には勝っていたのに、ずっとプレイをしていたら気づいたら資金が全部なくなってしまっていたという状況です。それもそのはず、ネットカジノでの期待できる配当率は長期的にみると1を超えることは絶対になく、長い間プレイをすればそれだけ損失が膨れる仕組みになっているからです。1を超えてしまっていたら収入より支出が上回ってしまうため、ネットカジノの運営をすることができなくなってしまいます。他のギャンブルと比較すると配当率は高いネットカジノですが、終わりのタイミングをしっかり見定めることが重要です。

ではいつ辞めるのが正解なのでしょうか。もう少しプレイすれば当たりを引くことができるかもしれない、そう思ってしまうのが人間の欲望ですが、この欲望は正しい判断の障害になります。勝っているときこそ、大きな当たりを引いた後は少し様子見をするべきなのです。大きな当たりが出たときは今まで蓄積されていた「負け」が解消されたことになるため、再び蓄積させるために当たりにくくなるものです。そのようなときにプレイを続けていてもさらなる勝ちは期待できず、少しずつ回収されていくことになるのです。負けていたときも一定以上負けが出たらそのゲームは終わりにしたほうが良いでしょう。

資金の変化を見て終わりのタイミングを決めるのも良い方法です。ハーフストップ法という賭け方があり、目標利益まで達したあと、損失によって利益が半分になったタイミングでゲームを辞めるというものです。この方法で賭け続けていけば、大きく負けてしまうことはなくなります。グッドマン法、マーチンゲール法など、カジノの賭け方には様々な手法がありますので、手法を研究してみるのも勝つためのコツです。
オンカジ最新記事のチェックを エンパイアカジノで遊べる全種類のバカラを徹底調査!