ネットカジノの期待値が勝負の鍵を握る

期待値とは投資額に対してどの程度のリターンが期待できるかを、確率から計算し数値で示したものですが、賭け事で勝つためには非常に重要な数値で、ネットカジノも同様です。例えばサイコロを振りどの数字が出るかを言い当てる賭けで、使用するサイコロに癖が無く1回の投資額が100円とし、売り上げのすべてを配当金に回すと仮定します。

1から6まですべて6分の1の確率で出現しますから、当たった場合の配当を600円とすると期待値は100円になります。これは胴元の取り分をゼロとした場合ですから、もし売り上げの10%を取り分とすれば90円まで下がります。100円であればプレイする回数が増えても最終的にはプラスマイナスゼロに収束しますから、資金の増減はほぼ有りませんが、90円になるとプレイする回数が増えるほど資金は減ることになります。

ネットカジノも同様で、プレイするコンテンツに関わらず期待値が高いほど儲けやすく、低いほど損しやすくなりますから、最初に見極めることが重要です。ネットカジノでも経費は掛かりますから、通常は期待値を100より下に設定していますが、だからと言ってプレイヤーが必ず負けるわけではありません。

ここでしか遊べない?エンパイアカジノで遊べる注目ゲーム5選紹介!←オンカジおススメ情報はこちら

ルーレットにしても数字の出方には偏りがあるため、プレイ回数が相当数を超えない限りは統計的な収束値には近づかないためです。重要となるのは、止め時です。序盤から調子が良く資金が増えると、多くの場合積極的にプレイしがちですが、統計的な観点からいつまでも良い調子が続く可能性は低いと言えます。このため期待値を重視するのはもちろんですが、プレイ前に目標額を設定したうえで止め時を予め決めておくことも、勝つためには大切です。