ネットカジノをやると捕まるのか

ネットカジノをやると捕まるのでしょうか。日本には賭博罪という罪があり、偶然によって決まる事物に対して金銭を賭けて勝負することは犯罪行為となります。例外は競馬や競輪などの公営競技で、これは特別に認められているために罪にはなりませんが、それ以外でいわゆる賭け事をすると賭博罪という罪になり、捕まる可能性があります。

ネットカジノは、その内容だけを見れば間違いなく賭け事です。ではネットカジノは犯罪行為で逮捕されることになるのかというと、ここにグレーな領域があります。というのも、法律上明確に記載されているわけではないものの、賭博罪で逮捕するためには、賭けの胴元というか親も含めて逮捕しなければ犯罪として立件できないというのが現実とされています。どんな賭け事、闇賭博であっても、少なくとも今のところ、胴元が逮捕されることなく賭けにただ参加していた人だけが捕まったという事例はありません。

ネットカジノの場合、当然ながら日本では賭博は禁止なのですから、胴元が日本に置かれることはありません。全て海外に置かれています。となると、日本の法律でもって海外の胴元を逮捕するようなことはできませんから、日本人が日本から賭けに参加し、配当を得て儲けを出していたとしても事実上は逮捕されることはありません。

オンカジ情報最新のおススメはこちら ここでしか遊べない?パイザカジノで遊べる注目ゲーム5選紹介!

ただし、これはあくまでも現時点における状況です。賭博罪という犯罪行為だけに注目すればネットカジノは全く問題ないと言い切れるものでもなく、従ってグレーゾーンということになるのです。例えば法律が変わらなくても将来的に司法当局の考え方が変わるとか、あるいは法律そのものが改正されて賭けの参加者だけでも犯罪となることが明確化されたりするようなことになれば状況も変わる可能性はあります。